2013年4月16日火曜日

独立について



こんにちは、旦那です。

独立して3ヶ月が経ちました。
ありがたいことに自作ゲームの月収が会社在籍時の月収を超えたので、
独立に関して考えてみます。

なぜ独立したのか?

一番の理由は「ユーザーに評価されたい」と思ったからです。

ゲームを作る人は、ゲームを遊んだユーザーに評価されるべきだと思っています。
しかし会社に所属していると自分を評価するのは会社の偉い人です。
良いものを作るより偉い人に取り入った方が収入が上がります。

何かを創作する人として、そんな人生はクソだと思ったので独立することにしました。
幸いにも現在はApp StoreやGoogle Play等の個人がゲームを作って収入を
得られるシステムがあり、こんな時代に生まれて良かったと思います。

独立のメリット・デメリット

衝動的に辞めたのではなく1年間ほど準備してから独立したので、
まずは独立前に考えていたメリット・デメリットを書いてみます。

メリット

・ユーザーから直接評価をもらえる
・自由に時間が使える
・やればやるほど収入が増える

デメリット

・ずっと家にいるから太るかもしれない

こんな感じです、そこそこ自信があったのでデメリットは
「太るかも」しか考えませんでした。
では実際独立した後に感じたメリット・デメリットを書いてみます。

メリット

・ユーザーから直接評価をもらえる
・自由に時間が使える
・やればやるほど収入が増える
・出会いが増える NEW!

デメリット

・ずっと家にいるから確実に太る UPDATE!

こんな感じです、メリットが1つ増えてデメリットが確定事項になりました。
「出会いが増える」は結構意外で、どんどん孤独になっていくのかと思っていたら
逆に爆発的に増えました。
世の中には意外と同じように独立してる人が多く、しかも独立するような人は
大抵変人なので話していてとても楽しく、かなり良い刺激を与えてもらえます。
あと毎月1kg 太ります。

まとめ

今のところ独立して良かったと思ってます、ほぼ周囲の暖かさだけで食べていってる
状態なので、いずれ何か恩返ししたいです。
独立するまでの1年間、嫁にずっと「俺たちが組めば最強のコンビができる、
テレビや雑誌に取材されてウハウハだよ!」とNPCのように繰り返し言い続けました。
ありがたいことに取材されるところは達成できてしまったので、早くウハウハを達成してまだ行ってない新婚旅行に行きたいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿